赤ちゃん筆の知識

絶対に失敗しない赤ちゃん筆のつくり方!

結論を先にまとめると...

  • メーカーの提携美容院で注文、メーカーに直接注文、通販サイトで注文という3つの方法がある
  • メーカーに直接注文すると追加費用が掛かることが多い
  • 赤ちゃん筆を作るなら、提携美容院か通販サイトで注文するべき

 

赤ちゃん筆を作ろうと思っているけど、どうやって注文すればいいかわからないの

 

赤ちゃん筆を作るのが初めての方。

注文方法をどうすればいいか悩んでいるのではありませんか?

実は、赤ちゃん筆を作る方法は大きく分けて3つあります。

今回の記事では、それぞれの方法について紹介するとともに、メリットやデメリットもあわせてお話しします。

 

 

方法①:赤ちゃん筆メーカーの提携美容院でカットして注文

提携美容院での注文手順は?

有名赤ちゃん筆メーカーには提携美容院があり、そこでは赤ちゃんのヘアカットとあわせて赤ちゃん筆の注文ができるようになっています。

 

具体的な手続きは以下のとおりです。

  1. メーカーの公式サイトか、ホットペッパービューティーで赤ちゃん筆対応美容院を探す
  2. 赤ちゃんのヘアカットをする
  3. カット後、美容院で注文する赤ちゃん筆を選ぶ
  4. 美容院が髪の毛をまとめて発送する
  5. 筆が完成すれば美容院に届くので代金を支払って商品を受け取る

 

提携美容院で注文するメリット

何よりも、手続きが少なくて楽です。

髪の毛をまとめて発送したり、メーカーとやり取りして代金を振り込んだりといった手間が一切必要ありません。

赤ちゃんを一度だけ美容院に連れていくだけで全ての作業が済んでしまうのです。

 

また、美容院でカットすれば赤ちゃんのヘアカットを失敗することもなくなるため、「髪の毛が少なすぎた」「切りすぎて変な髪形になった」といった失敗を防ぐこともできます。

 

提携美容院で注文するデメリット

残念ながら、1つの美容院でたくさんのメーカーと提携しているところはほとんどありません。

だいたい1社とだけ提携しており、多くても2~3社というところです。

そのため、美容院を選んでしまうとメーカーが固定されてしまい、他のメーカーの赤ちゃん筆を頼めなくなってしまうのが難点。

また、完成した赤ちゃん筆は美容院で受け取ることになるのがほとんどです。

 

それに加え、美容院でのカット代がかかるため、自宅カット+自分で注文という組み合わせに比べると割高になります。

 

 

方法②:メーカーからカタログを取り寄せて直接注文する

メーカーに直接注文するときの手順は?

メーカーに直接注文する際、まずはカタログを取り寄せましょう。

どのメーカーでも、サイト上にカタログ注文フォームがありますので、そこに住所や氏名、メールアドレスを入力するだけで無料でカタログを送ってもらえます。

カタログが届いたら、載っている商品の中から注文する赤ちゃん筆を選びましょう。

 

直接注文する際の手順をまとめると以下のとおりです。

  1. メーカーからカタログを取り寄せる
  2. カタログの中から注文する赤ちゃん筆を選ぶ
  3. 自宅か美容院で赤ちゃんの髪の毛を切る
  4. 切った髪の毛をまとめて、カタログに付属の専用封筒に入れて発送する
  5. 筆が完成すれば代引きで自宅に送られてくる

 

 

赤ちゃん筆用の髪の毛は美容院で切るべき?それとも自宅?

続きを見る

メーカーに直接注文するメリット

はっきり言うとメリットはありません。

直接注文すれば値段が安くなりそうな気もしますが、逆に支払い金額が増えてしまうのが現実です。(後述します)

しいてメリットを挙げるとすれば、自宅でゆっくりとカタログを見られることくらいです。

 

メーカーに直接注文するデメリット

直接注文の場合、受け取り方法が代引きとなっているところがほとんどです。

そのため、支払い時には代引き手数料が余計にかかりますので、結果的に支払い金額が数百円増えてしまうことになります。

メーカーによっては、直接注文時には送料として600~800円をプラスするところもあるため、よっぽどの事情がない限り直接注文をする理由はないでしょう。

 

ポイント

一般的な赤ちゃん筆を注文したときの代引き手数料は、

  • ヤマト運輸:400円
  • 佐川急便:400円
  • 郵便局:265円

が相場です。

 

方法③:ネット通販サイトで注文する

ネット注文のやり方

赤ちゃん筆は基本的にメーカーのHPから注文することはできません。(可能なメーカーもありますが、ほんの一部です)

国内のメーカーのほとんどは楽天市場Yahoo!ショッピングに出店しており、そこから注文することになります。

Amazonで出店中のメーカーもありますが、海外から参入してきた新規メーカーが多く、粗悪品を掴む可能性があるためあまりオススメはできません。

 

ネット注文する場合の手順は以下のとおりです。

  1. 楽天市場Yahoo!ショッピングにアクセスして「赤ちゃん筆」と検索する(リンクをクリックすれば検索語の画面が出ます)
  2. 注文する赤ちゃん筆をカートに入れて代金を支払う
  3. 自宅か美容院で赤ちゃんの髪の毛を切る
  4. 髪の毛をまとめ、メーカーが指定した工房に送る
  5. 赤ちゃん筆が完成すれば自宅に送られてくる

 

 

赤ちゃん筆用の髪の毛は美容院で切るべき?それとも自宅?

続きを見る

 

ネット注文のメリット

ネット注文をすれば、他の方法に比べて赤ちゃん筆を安く作ることができます。

その理由は、

  • 送料が無料
  • 通販サイト上で支払いができるので代引き手数料がかからない
  • ポイントがつく(赤ちゃん筆は高額商品なのでポイント還元率も高い)

だからです。

 

また、他の購入者の口コミをチェックすることも可能ですし、いろいろなメーカーの赤ちゃん筆を比較することもできるのもネット注文の優れたところです。

 

ネット注文のデメリット

楽天市場Yahoo!ショッピングでは、国内の大手赤ちゃん筆メーカー全てが出店しており、大変な激戦区となっています。

どこもたくさんの商品を出品し、アピール合戦を行っているため、購入者からすると「どの筆にしようか」と迷ってしまいがち

スパっと決められる人はほとんどいないでしょう。

 

また、メーカーによっては全ての商品を通販サイトに出していない場合があります。

メーカーに問い合わせたり、パンフレットを取り寄せてみるとネット上にはない商品が見つかる場合もあるのです。

ネット注文ではそういった商品を購入することはできません。

 

ポイント

とはいっても、そうやって見つかるのは売れ行きがよくないか値段が激安で利益になりにくい赤ちゃん筆ばかりなので、そこまでこだわる必要はないでしょう。

 

 

実際のところ、どの注文方法がベストなのか

結論:提携美容院かネットで注文するべき

注文する赤ちゃん筆が決まっている方は、そのメーカーの提携美容院でカットして注文するのが一番楽でしょう。

ただし、美容院でのカット代がかかるので、自宅で切るのに比べて値段が高くはなります。(だいたい2,000~3,000円くらい)

 

しかし、まだどの赤ちゃん筆にするか決めていなかったり、絶対失敗したくないという方は、ネット注文をオススメします。

ネット注文の最大のメリットは商品数の多さと口コミを見られることだからです。

また、メーカーでの直接注文よりも実質割安で購入できるのもネット注文が優れているところです。

 

ただし、国内老舗メーカーの赤ちゃん筆を選ぶこと

注文する際は、必ず国内の大手メーカーを選んでください。

 

赤ちゃん筆は、一生に一度しか作ることができないため失敗は許されません。

そのため、注文する際には技術力の高いメーカーに頼む必要があります。

ひと昔前であれば、赤ちゃん筆といえば

  • 赤ちゃん筆センター
  • 光文堂
  • 北斗園
  • 文宏堂

といった老舗赤ちゃん筆メーカーに注文するしかありませんでした。

こういった老舗は長年赤ちゃん筆を作っており、専門の職人を抱えているため高い技術力を持っているので、製作に失敗することはまずありませんし出来上がった筆も高品質が約束されています。

 

ですが、最近は工場で筆を大量生産しているメーカーが新規に赤ちゃん筆業界に参入してくることがあります。

こういったメーカーでは職人の技術力が十分ではなく、満足する品質の赤ちゃん筆を作ってもらえない可能性があるので注意しましょう。

 

また、10年ほど前に中国・台湾でオシャレな赤ちゃん筆がブームになったこともあり、日本の赤ちゃん筆市場に参入する中国メーカーが増えています。

しかし、Amazonなどでの口コミは大変悪く、粗悪な筆にされてしまったという例も多くあるため、国外メーカーに頼む際は慎重に判断しましょう。

 

まとめ

今回は、赤ちゃん筆を注文する3つの方法についてお話ししました。

最近はメーカーへの直接注文を選ぶ方は非常に少なく、楽天市場Yahoo!ショッピングのような大手通販サイトで注文されることがほとんどです。

ただ、メーカーが決まっているのであれば提携美容院でのカットの方が便利なので、そちらをオススメします。

 

それでは今回の記事はここまでです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

-赤ちゃん筆の知識
-

© 2020 赤ちゃん筆アンテナ