赤ちゃん筆の知識

赤ちゃん筆はどう保管すればいいの?

結論を先にまとめると... 人間の髪の毛は常温で100年以上保存できる ただし湿気と紫外線に弱い 子供やペットのイタズラにも注意   赤ちゃん筆を買ったけど、保管方法がわからない・・・ 防虫剤とか用意したほうがいいの?   赤ちゃん筆を作ったはいいものの、どうやって保管すればいいのかわからないという方も多いのではありませんか。 今回はそんな方向けに、赤ちゃん筆の正しい保管方法についてお話していきます。   おすすめ赤ちゃん筆ランキングはこちら   髪の毛は何もしなく ...

ReadMore

赤ちゃん筆の知識

赤ちゃん筆に必要な髪の毛は何センチ?どれくらいの長さや量が必要?

結論を先にまとめると... 商品によって必要な長さや量は違う 長さ6センチ・直径1センチあればほとんどの赤ちゃん筆は作れる 髪の毛が足りなければ紅筆を作ればOK   赤ちゃん筆を作りたいけど、髪の毛は何センチくらい切ればいいの? 髪の毛の量はどのくらい必要?   赤ちゃん筆を作るためには、もちろん赤ちゃんの髪の毛が十分伸びている必要があります。 しかし、初めて赤ちゃん筆を作るという方であれば、十分な量を切れそうかどうかなんてわかりませんよね。   今回は、そんな方向けに、赤ち ...

ReadMore

赤ちゃん筆の知識

赤ちゃん筆を作る方法とは?3つの方法から自分に合ったものを選びましょう

結論を先にまとめると... メーカーの提携美容院で注文、メーカーに直接注文、通販サイトで注文という3つの方法がある メーカーに直接注文すると追加費用が掛かることが多い 赤ちゃん筆を作るなら、提携美容院か通販サイトで注文するべき   赤ちゃん筆を作ろうと思っているけど、どうやって注文すればいいかわからないの   赤ちゃん筆を作るのが初めての方。 注文方法をどうすればいいか悩んでいるのではありませんか? 実は、赤ちゃん筆を作る方法は大きく分けて3つあります。 今回の記事では、それぞれの方法 ...

ReadMore

赤ちゃん筆の知識

赤ちゃん筆用の髪の毛は美容院で切るべき?それとも自宅?

結論を先にまとめると... 自宅で切るのはそこまで難しくない ただし、自信がなかったり失敗したくないという方は美容院で切るべき 赤ちゃん筆メーカーと提携している美容院で切れば、そのまま注文もできて便利   赤ちゃん筆を作ろうと思っているけど、どこで髪を切ればいいの? 自宅?それとも美容院?   赤ちゃん筆を作るとき、必要になるのがヘアカット。 一生に一度の赤ちゃん筆なので、失敗はしたくありませんよね。   今回の記事では、このヘアカットについてです。 自宅で切る場合と美容院で ...

ReadMore

赤ちゃん筆の知識

結局のところ、どのくらいの値段の赤ちゃん筆を買えばいいの?

結論を先にまとめると... 1万円台前半くらいがベスト この値段で基本的なアイテムやオプションは全てそろう それ以上値段を上げても、材質や装飾がゴージャスになるだけ   赤ちゃん筆を作ろうかなと思って調べてみたら値段がバラバラ! 結局いくらの赤ちゃん筆を作ればいいの?   赤ちゃん筆を作ろう! そう思って調べてみると、本当にさまざまな値段の商品があって悩んでしまいますよね。 「高すぎるのはちょっと・・・」「かといって安すぎるのも少し不安・・・」   今回は、そのようなお悩みを ...

ReadMore

赤ちゃん筆の知識

赤ちゃん筆を作るメリット、デメリットとは?

結論を先にまとめると... 一生に一度しか作ることができないので大切な記念になる ただし、値段の相場は1~2万円と高額 生活やお小遣いに余裕があれば購入を検討してもいいかも   赤ちゃん筆を作る人が結構いるって聞きました 作ったら何かメリットあるのかな?   赤ちゃんの髪の毛が伸びてきてファーストカットを迎えるころ、誰もが悩むのが赤ちゃん筆のこと。 記念に赤ちゃん筆を作るかどうか迷っている方も多いのでは?   今回の記事では、赤ちゃん筆を作ったことがない方に向けて、赤ちゃん筆 ...

ReadMore

赤ちゃん筆の知識

赤ちゃん筆っていつから作られているの?その由来は?

結論を先にまとめると... 中国の唐時代には赤ちゃん筆が作られていた もともと中国では学業成就のお守りだった 日本で作られるようになったのは江戸時代からで、赤ちゃんの健康や成長への祈りがこめられている 赤ちゃん筆っていつから作られているの? どうして作るようになったの?   そういう疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか? 今回の記事では、赤ちゃん筆の歴史や由来についてお話していきます。   おすすめ赤ちゃん筆ランキングはこちら   赤ちゃん筆の起源は中国 起源は中国唐時 ...

ReadMore

おすすめ記事

1

結論を先にまとめると... メーカーの提携美容院で注文、メーカーに直接注文、通販サイトで注文という3つの方法がある メー ...

2

結論を先にまとめると... 中国の唐時代には赤ちゃん筆が作られていた もともと中国では学業成就のお守りだった 日本で作ら ...

3

結論を先にまとめると... 一生に一度しか作ることができないので大切な記念になる ただし、値段の相場は1~2万円と高額 ...

no image 4

赤ちゃん筆を作りたいんだけど、商品がありすぎてどれを選べばいいかわからないのよね 適当に選んで失敗したくもないしね・・・ ...

5

結論を先にまとめると 和風デザインの赤ちゃん筆は種類も豊富で値段も幅広い 国内メーカーであればどこも高品質なので、値段や ...

6

結論を先にまとめると インテリア型赤ちゃん筆ならケイビーエクセルの商品が人気No.1 最もオススメなのはケイビーエクセル ...

© 2020 赤ちゃん筆アンテナ